HOME>注目記事>正当な給与を支払ってもらう事で生活が楽になります
ジャッジガベル

メールも重要な証拠になる

残業代を支払ってもらえなくて会社と揉めている方々は、残業をしていた証拠が見つからなくて、残業代請求を諦めてしまう事も珍しくありません。そんな時にも大阪の残業代請求の専門家に相談をすれば、本当に証拠がないのか念入りに確かめながら、正しい金額の給与を支払ってもらえるように対処してもらえます。業務に関する内容をやり取りしているメールがあるだけで、残業をしていた証拠として認められる場合もありますから、諦めずに証拠を集めてください。仕事が長引いたことが原因で終電が無くなってしまい、タクシーで自宅に帰る事になった際には、残業の証拠として領収書を残しておく事も重要です。パソコンのログインやログアウトに関する情報も証拠になりますから、システムログなどをテキストとして出力したり、スクリーンショットを残したりしてください。

退職後でも対処は可能

以前に働いていた職場から残業代を支払ってもらえずに泣き寝入りをしていた方々も、大阪で残業代請求のサポートをしている専門家を頼れば、十分な給与を支払ってもらえる可能性があります。退職してから2年以内であれば残業代請求ができるので、諦めずに専門家に相談をしておく事がおすすめで、なるべく早いタイミングで動き始める事が重要です。給与明細や源泉徴収票などの書類が残っているのであれば、実際にいくらの給与が支払われていたのか証拠になるので、専門家に相談する際に持っていく事を推奨します。就業時間に関する取り決めが書かれている、就業規則などのコピーを入手しておく事でも、よりスムーズに残業代請求を済ませる事が可能ですから、資料を集めるためにも専門家のサポートを受けてください。