離婚協議にかかる弁護士費用

相談

離婚協議にかかる弁護士費用というのは、一般的に30万円程度と言われています。これはあくまでも相場であって、離婚協議がこじれてしまった場合や長期化が予想される場合には更に追加で費用がかかることがあることを知っておく必要があります。いきなり弁護士を雇うことは、慣れていなければ抵抗を感じる人も多いとのことなので、まずは無料の離婚相談を受け付けている弁護士事務所に相談をしてみることで、問題を明確化することができるかも知れません。もしかしたら、弁護士を入れずに済むことも無きにしもあらずなので、夫婦間の問題と協議離婚を勧めたい旨を弁護士に相談することで、問題の所在を明らかにすることができるのではじめての方でも安心です。

離婚を決めたらまずは弁護士に相談してみる

離婚届

離婚をすることを決意したら、まずは離婚相談を無料で受け付けている弁護士事務所を探してみましょう。最近、日本でも離婚率が高まっていてそれに比例するように弁護士への依頼も肩上がりとなっています。それだけ離婚の現場で弁護士の力が必要とされる時代になってきたということがわかります。弁護士を入れることのメリットは多く、後々トラブルにならないために慰謝料や養育費、そして子供の面会権や親権などの細かい取り決めを弁護士を介して書面を作成しておくことは、後々になって大切なことになるのです。はじめはわからない状態であっても、無料で離婚相談をすることができる弁護士を利用すれば、自ずと行うべきことが明らかになってくるのです。

慰謝料を取ることができれば費用は賄える

家族

一般的に、離婚協議を経て離婚に至った場合の弁護士の報酬は30万円が相場と言われています。これを高いと診るかどうかは人によりますが、後々トラブルにならないためにも、絶対に弁護士を介して離婚協議を行うことが好ましいと言われているのです。では、30万円をいかにして回収するかということになりますが、それは慰謝料で補填することができるのです。特に、配偶者による不貞行為を原因とする離婚に至ったときには、300万円近くの慰謝料を手にすることができるとされています。慰謝料で300万円を手にすることができれば、弁護士費用は十分に賄うことができ、スムーズに問題を解決することができ、なおかつ精神的負担を軽減することができるのが弁護士を利用する最大のメリットです。近頃は離婚協議を専門に扱う弁護士事務所が増えてきていて、離婚相談を30分なら無料で実施しているところも増えているのです。